衛星通信について

インマルサットサービスとは

インマルサット(Inmarsat)とは、インマルサット静止衛星を利用した通信サービスです。
利用者の端末とインマルサット衛星との間で直接、無線通信を行うので、陸上の通信ネットワークが存在しない場所からでも電話、FAX、ISDN、インターネット接続などのサービスを利用できます。
インマルサットは「移動しながら利用できる」ことを大きな特徴とし、当初は海上向けにのみサービスが提供され、かけがえのない通信手段として広く利用されてきました。その後、飛行機や陸上用にも提供されるようになりました。
現在も、世界中の船舶、航空、鉱山、石油採掘場、メディア、救急・警察、軍・防衛、政府機関などで幅広く利用されています。

第4世代のインマルサットサービス

EXPLORER 500
EXPLORER 500
インマルサットの第4世代衛星は、インマルサットの最新技術を詰め込んだ、世界最大級の通信用静止衛星です。この新型衛星3機体制により、2009年2月末から通信エリアはほぼ全世界をカバーします。
カバーエリアマップはこちら(PDF-175KB)

この第4世代衛星では
陸上向け:「BGAN(ビーギャン/ビーガン:Broadband Global Area Network)」
海上向け:「FleetBroadband(フリートブロードバンド)」
航空機向:「SwiftBroadband(スイフトブロードバンド)」
の3種類の新サービスが、全世界に提供されます。

これらで利用できる通信サービスの特徴は、以下の通りです。

国際電話サービス

国際電話サービス
人里遠く離れた場所では、携帯電話の電波は届きません。インマルサット衛星の電波は、全世界のほとんどの場所に届きます。海上、砂漠、山奥、僻地、そして災害地でも、空が見渡せ、衛星と通信ができる場所であれば、どこからでも電話をかけることができます。もちろん、一般加入電話や携帯電話からかかってきた電話を受けることもできます。
電話サービス

インターネット接続サービス

インターネット接続サービス
BGAN端末やFBB設備にパソコンを接続すれば、インマルサット衛星経由でADSLと同じようにインターネットやEメール、VPNなども利用できます。通信速度は上り・下りともに最大492kbps(ベストエフォート、機種による)と、携帯型の衛星通信としては圧倒的な速さを誇ります。さらに、32/64/128/256kbps/384kbps+から速度を選択して、帯域保証型の接続サービスも利用することができます。
IP接続サービス
IP接続サービス

ISDN・FAX

ISDN・FAX
ISDN 64kbpsの通信もサポートしますので、従来のISDN通信用の装置(テレビ電話やターミナルアダプタなど)もそのまま利用できます。
また、高品質音声(3.1kHz Audio)により、一般的なFAX機(G3規格)や、ISDNのFAX(G4規格)も利用できます。
FAXISDN

ショートメッセージサービス(SMS)

ショートメッセージサービス(SMS)
海外では広く普及している「ショートメッセージサービス(SMS)」が利用できます。使用できる文字は英数字と一部の記号のみ、1通あたり160文字までという制限がありますが、電話番号で送り先を指定でき、短い内容のメールを送ることができます。GSMなどの規格と互換性のある携帯電話から番号を指定するだけで、メールのやりとりが可能です。
ショートメッセージサービス(SMS)

海上向けサービス

海上向けサービスをご参照いただけます

海上向けサービス

陸上向けサービス

陸上向けサービスをご参照いただけます

陸上向けサービス

衛星携帯サービス

衛星携帯サービスをご参照いただけます

衛星携帯サービス